妊娠線の治療や予防に効果的な方法を試していこう|妊婦ケアcom

妊婦さんの悩みのタネでもある妊娠線の予防や治療に効果的な方法をあらゆる角度から徹底リサーチしていきます。

最適なケアをしよう

どうしてできるのか?

妊娠するとお腹が大きくなり皮膚に亀裂のような線ができたり、肉割れが起こります。一度できると自然治癒することはほとんどないため、特別な対策をとる必要があるのです。また、妊娠時だけではなく、急に太った場合にも起こることがあります。

皮膚が伸びる

妊娠や急激に太ったことでできる妊娠線は、お腹だけではなく、お尻や腕、脚にもできます。脂肪がついて皮膚が急に伸びたことにより、妊娠線ができてしまうのです。表皮は伸びても真皮は対応できずに、亀裂が起こって跡になってしまうといえます。

どのようなケアが必要になるのか

直接的な原因となる急激な体型の変化を避けることが大切ですが、妊娠中は体重をコントロールすることは難しいかもしれません。ゆるやかに体重が増加するように医師と相談しながら日常生活を送るようにしましょう。肥満の場合は、過食や暴飲暴食に注意してダイエットを心がけることが重要です。

保湿ケアが肝心

新陳代謝が低下することも妊娠線ができる一因と考えられています。そのため、皮膚の再生をスムーズに進めるためにも、保湿ケアに力を入れることが重要です。専用のクリームなどを使って毎日ケアをしていくようにしましょう。妊娠がわかったらなるべく早めに対策をしていきましょう。

妊娠線をできにくくする&治すためのヒント

とにかく保湿!

先に出産をした姉や友人からのアドバイスもあって、早くから妊娠線対策をとっていました。クリニックのスタッフにおすすめの妊娠線予防クリームを聞いて毎日ケアをしていたんです。保湿力のあるタイプであれば効果は高いみたいですよ!おかげで妊娠線はできませんでした!

香りがポイントです

妊娠線に効果があるオイルをいろいろと試しました。私はつわりが長く続いていたので、オイルによっては香りが合わなくて余計に気持ち悪くなって…。試行錯誤した結果、無香料で自分に合うオイルを見つけることができて良かったです。出産後も保湿ケアで使っています。

乾燥肌対策

もともと乾燥肌だったのですが、乾燥肌は妊娠線ができやすいと聞いていたので対策を念入りに行なっていました。毎日2、3回は保湿クリームを塗っていましたね。クリームを塗るときに軽くマッサージをしたり、バランスの良い食事も心がけていたので、乾燥肌もかなり改善できました!

半年でキレイになりました!

現在二人の子供がいますが、妊娠線ができてから10年以上、特に何のケアもせずにあきらめていたんです。しかし近所に美容クリニックが開院したことをきっかけに、妊娠線治療をスタートしました。炭酸ガス治療で半年通いましたが、家族も驚くほど効果が現れ本当に感謝しています。

口コミは本物だった

妊娠線対策の専用クリームを探していましたが、イマイチどれを選んでいいのかわからなかったので、人気ランキング一位のクリームを購入したんです。多くの妊婦さんが太鼓判を押す商品だけあって、効果はテキメンでした!来月出産予定ですが、今のところ妊娠線はありません!

人気の葉酸サプリをランキング形式で紹介☆
最良のアイテムを見つけよう

<PR>
京都で不妊治療を受けるメリット。
効果がすごい!身体の芯から温まる施術に注目。

優良葉酸サプリを大公開
自分に合った商品を選ぶコツも一緒に確認

【PR】
人工授精なら大阪のクリニックへ。
料金・治療内容をチェック!

<PR>
大阪の産婦人科クリニック
インターネットで予約も可能◎

部位別のケアはどうすればいいの?

お腹にスイカのような線が浮き出ると聞きましたが本当ですか?

シマシマのような線がクッキリと出てしまうこともあります。個人差はありますが、実際に多くの妊婦さんのお腹に妊娠線ができるのです。妊娠6ヶ月前後と臨月あたりは体重増加の時期になるため特に注意が必要です。急激に太らないように食生活に気をつけることと、妊娠線予防クリームなどの保湿対策をしっかりとることが大切です。

二の腕の対策は?

上半身に肉が付きやすいタイプの人や、肩コリや眼精疲労に悩まされている人は、二の腕周辺にも妊娠線ができやすいといわれています。血液やリンパの流れがよくなかったり、脂肪が多いことが原因となります。血行をよくする簡単なマッサージと、保湿対策を継続することが肝心です。

お尻がやばいです

下半身がガッチリしているタイプや、もともと痩せている人ができやすいのがお尻の妊娠線です。お尻や腰回りは自分でも気が付きにくい場所になるため、対策が遅れてしまうことが多いです。後ろ姿もしっかりと鏡で見る習慣をつけて、妊娠線予防オイルなどで保湿を行なっていきましょう。

脚の中でも特に太もものケアは?

痩せていた人や、運動不足気味の人は、太ももの内側や裏側に妊娠線ができやすくなります。また、ふくらはぎにもできてしまうケースもあります。脚にできると目立ちやすく、今後スカートが履きづらくなることも考えられますので、早めに対策をしておきましょう。マッサージで血行促進したり、保湿ケアを忘れないようにすることが大切です。

バスト対策を教えてください

妊娠、出産をすると女性は2カップ以上バストアップすることも珍しくありません。特に出産前後に胸が大きくなることが多いため、この期間にしっかりとケアをしていきたいものです。ただ妊娠後期のバストへの刺激は子宮収縮に繋がるリスクもあるため、優しく行なうようにするなど注意が必要です。

広告募集中