できてしまった妊娠線でも効果的な治療法を選んでいけば、元のような綺麗な見た目を目指すことが可能になっています。

あきらめないでも大丈夫

レーザー治療

美容皮膚科などで妊娠線を治療できる方法としてはレーザーを用いることが多いです。ターンオーバーを促すために、あえてレーザーでダメージを与えていくのです。赤みややけどができるリスクもありますが、数回通うことで効果が高くなってくるといいます。

最近話題の治療

近年注目を集めている新しい治療法が炭酸ガスです。血流を改善させるガスを注入することで皮膚細胞のターンオーバーを活発にさせます。施術時間も10分程度で痛みも少なく、身体への負担がほとんどない治療法といえるでしょう。

炭酸ガスの費用は

副作用やダウンタイムもないため、気軽に施術を受けることが可能な炭酸ガス治療。2週間に一度の割合で通って、1~3ヶ月で効果が現れる人が多いです。昔できた古い妊娠線にも効果があるといわれています。費用は1~3万円程度の料金で受けられます。

塗り薬

妊娠線の処方薬として一般的なものがヒルドイドです。クリームな軟膏などさまざまなタイプがあります。赤ちゃんにも使用できる安全性の高い薬です。このヒルドイドも血行を促進する効果があるため、新陳代謝を活性化させることが期待できます。

広告募集中